ダイソン_レビュー_アイキャッチ画像
どうも、ゆーたろです。


寒い日が続いていますね。
家の中にいても、こうも寒いとなかなかゲームしていても作業をしていても集中できません(´;ω;`)


暖房をつければいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが、そもそも部屋に暖房がないという方や暖房が苦手だという方も少なからずいます。
そこで、部屋に暖房がないという方や暖房が苦手だという方にもおすすめできるファンヒーターを紹介します。


そのファンヒーターが「ダイソン Hot + Cool AM09 ファンヒーター」です。
CMでもよく放送されているので、実際にみたことがあるという方も多いかもしれません。


今日はダイソンのHot + Coolファンヒーターを実際に使ってみての感想を記事にして紹介していきます(`・ω・´)



スポンサーリンク

ダイソン Hot + Cool AM09 ファンヒーター

まず、一番気になるところはダイソンのファンヒーターのみで部屋が暖かくなるのかではないでしょうか?
結論から言ってしまうと6畳ほどの広さであればダイソンのファンヒーターのみでも部屋を暖かくすることができます。


7~8畳の広さでも部屋を暖かくできるかもしれませんが、僕の部屋が6畳ほどなので本記事では6畳を基準にします。
ちなみにその日の気温で変わるとは思いますが、部屋が暖かくなるまでにだいたい10分ほど時間がかかります。。


10分が早いのか遅いのかと感じるのも人それぞれだと思いますが、暖房と比較すると暖かくなるまでに時間がかかります。


Amazonで注文しましたが、翌日に届きました。(Amazonすげえ...)

ダイソン本体

中身はこんな感じ

ダイソン上部

ダイソン下部

くっつけるだけで完成です!

ダイソン本体_完成

あとはコンセントをつないでリモコンで操作するだけなので機械が苦手な方でも問題なく使うことができます。
それでも操作が不安だという方も安心してください^^

説明書が日本語で親切なので、これを読めばすぐにわかります(`・ω・´)

ダイソンの説明書

説明書にも書いてありますが、本体の上部とリモコンがマグネットになっているのでリモコンを上部にくっつけることができます。

こんな感じできれいにくっつきます。

ダイソン_マグネット

リモコンが滑り落ちそうな感じもしますが、しっかりと固定されていてリモコンが落ちたことはありません。

大きさはこれくらい(もうちょっと比べるものあるだろうと思った方、すみません...)

ダイソン_大きさ比較

僕の身長が174cmですが、ちょうど僕の膝上くらいの大きさなのでサイズもそこまで大きくありません。
僕が短足って意味ではありませんよ(´・ω・`)


購入特典として2年間のメーカー保証もついてきます。

ダイソン_メーカー保証

2年間も保証がついてくるのは正直、嬉しいですよね^^
会員登録が必要ですが、2年間の保証は大きいので絶対に登録しておいたほうが後々、安心できます。

ダイソン Hot + Cool AM09 ファンヒーターの機能を紹介

続いてダイソンのファンヒーターの機能を紹介していきたいと思います。

温風モード

おそらくメインとなる機能ですが、最小1℃~最大37℃まで温度を調整することができます。
正直、10℃以下だったり、30℃超えの気温で設定することはないと思いますが、意外と幅広く温度を設定できます。

設定温度は本体の下部で確認できます。

ダイソン温度

扇風機と同じように首振り機能もついているので、部屋全体を均一に暖めることができます。


冷風モード

ファンヒーターだと冬しか使うことができないと思う方も多いはずです。
しかし、このダイソンのファンヒーターは違います(`・ω・´)


なんと、夏場は冷風機として使うことができます!
しかも風量を1~10段階で設定することができて、冷風もとても涼しいです。


扇風機のように羽もないので、小さいお子さんがいる家庭でも安心して使うことができます。
ただ、残念なところがひとつだけあって、風量を上げれば上げるほど音がうるさくなってしまいます。


最大の風量10なんて本体壊れるんじゃないかと思うくらいの音が出ます(笑)


タイマー設定

ダイソンのファンヒーターはオフタイマーのみ設定することができます。
オンタイマーも設定できれば個人的には大満足だったんですけど...(´;ω;`)


タイマーは15分から最大9時間まで調整することができます。


ダイソン Hot + Cool AM09 ファンヒーターの気になるところ

ダイソンのファンヒーターについて特徴や機能について紹介しました。
個人的に満足できた買い物でしたが、残念だったところもあるので正直に2つほど紹介したいと思います。

価格が高い

ダイソンのファンヒーターは普通に高いです。。
僕はAmazonでダイソンのファンヒーターを購入しましたが、税込みで約40,000円ほどしました。


新品のPS4+新品のソフトまで買える値段です。
機能としては満足なのですが、もう少し価格が安かったら良かったな~と個人的には思っています...( = =)

部屋が暖まるまでに多少時間がかかる

本記事の初めのほうで、6畳の部屋で暖まるまでに10ほど時間がかかると記載しました。
正直、もう少し早く暖めてほしいなと感じています。


価格も高かったので、奮発してダイソンのファンヒーターを購入しましたが、率直な感想としては「この価格で、暖かくなるまでに時間がかかるのか」と。。
まあ、時間はかかってもちゃんと部屋を暖めてはくれているので、仕方なしと思いつつも満足はしています。


部屋が狭ければ狭いほど暖かくなる時間も短縮できるとは思うので、冬場は脱衣所などで使うと本領発揮できそうですね。

まとめ

今日はダイソン Hot + Coolファンヒーターを記事にして紹介しました。
まとめると価格が高く、6畳ほどの部屋では暖かくなるまでに多少の時間がかかること...( = =)


ですが、それ以上に満足できる機能が備わっていますし、6畳ほどの広さであればしっかりと部屋を暖めてくれます。
しかも、2年間のメーカー保証やオールシーズン使えるとなると元は取れていると思っています。


年も明けまだまだ寒い日が続いていますが、今年もダイソンのファンヒーターで冬も夏も乗り切っていきたいと思います(`・ω・´)

スポンサーリンク
おすすめの記事